CATEGORY 近親相姦

熟女エロ漫画 還暦のおばさんと同居するということ

大学進学とともに親戚のおばさんと同居することになった僕は

毎夜 おばさんの夜のお相手を務めているー・・・

日中は同郷の彼女と大学内の研究室でSEXする日々・・・

正直 体がもたないが

そんなある日 カノジョの存在を嗅ぎつけたおばさんに紹介する

ことになりー・・・・・

フルカラーコミック 80p

熟女エロ漫画 僕の母さんがあまりにもエロすぎる件3

前回、恋人・優花のために母・沙織と決別しようと試みるも失敗し、
結局沙織の肉体と色香におぼれ続ける日々を送っている瞬であったが、
沙織の励ましを受け、以前上手くいかなかった優花との初体験に
再度挑戦することになる。
優花との行為の最中も沙織のことが頭から離れなかった瞬は
やはり自分にとって大切な女性は沙織であったことを確信し
帰宅直後の沙織に再び関係を迫る。

熟女エロ漫画 ママとおばあちゃんは俺の女

◆あらすじ◆

息子が毎日のように通う祖母の家。
そこで繰り広げられている痴態に母は思い悩んでいた。

許されるはずのない血の繋がった相手同士で身体を重ね合う近親相姦。
その罪を祖母と息子は犯しているのだから。

息子を取られたくない、息子は私のものなんだから。
嫉妬にも似たその本音に気付いた母もまた息子を奪い返すためにその肢体を息子へ捧げる覚悟を決めた。

祖母に母に、自分のルーツであるその子宮へと躊躇なく精液を注ぐ息子と恍惚の表情で受け入れる二匹のメス。
狂った家族の痴態は終わることなく続いていく・・・。

近親相姦/母子相姦/ママ/お母さん/息子/中出し/妊娠/親子/祖母/おばあちゃん/孫/3P

熟女エロ漫画 義理の母が太った!

あらすじ

親父が再婚した

お相手は45歳のバツイチ熟女 俊子さん

俊子さんは最近あることに悩んでいた・・・

それは「太ってきたこと!」

大学でスポーツ科学を専攻する僕は義母のため

あるダイエット法を施術する

それはー・・・・・

フルカラー近親姦中出しコミック 48p

熟女エロ漫画 モブ顔の好色団地妻たち・3 モンスター主婦の熊子さん

智明にとって●●のころから苦手な団地妻の熊子。

理由は何かにつけ勘違いし、たまたま近くにいた智明に
暴力をふるうところにあった。

困ったことに熊子は喧嘩が強く、大人の男でも
歯が立たない。
痴●やコソ泥などを成敗したこともある猛女なのだ。

今回の相手はその熊子。
熊子から指名が入ったのだ。

いつか一矢報いてやりたいと思っていた智明。

そのチャンスがきた。

熊子の穴に俺のイチモツを突っ込み
ギャフンといわしてやる。

熊子の住む団地の一室に入る智明。

部屋に入るや否や激しくキスをしてくる熊子。

続いてパイズリしながらのフェラ。

激しいプレイに思わず射精してしまう智明。

態勢をいれかえ今度は正常位で迎え撃つ智明。

智明はモンスター主婦、熊子に勝利することができるのか?

2人にとって激しい夜が訪れる。

※今回は智明の復讐劇セックスなのでボロボロになる
シーンはありません。
少しやつれるぐらいです。

※母子相姦がありますで
苦手な方は注意してください。

■データ
jpgとpdf 46ページ カラー作品

表紙 1枚
本編 40ページ

熟女エロ漫画 母親のあたしが息子の赤ちゃんを産むまで

◆あらすじ
ムスコン気味のお母さんは成人して就職までした息子に未だに甘々♪
新婚夫婦気分で痛い日常を送っていた。

ある日ふとしたことから疑問を抱いたお母さん。
「うちの息子ってもしかして・・・’童貞なのっ?’」
その疑念が確信に変わった時、母親としての義務感に火がついたお母さん。

「あの子を一人前の大人にするのは母親の勤めなの!」

その日からたじろぐ息子お構いなしの母親えっち攻撃は始まった。
苛烈なお母さんの猛攻に遂に息子は・・・

実母の魅力に目覚めた息子にバンバン中出しされたお母さん。
まだ生理もあるのにどうしよう・・・?

母子相姦/実母妊娠のラブラブえっちストーリーが始まる。

熟女エロ漫画 息子の肉棒で雌になる母 -孕んでも続く種付けライフ-

息子の世話をしたい母性が種付けで孕みたい雌の本能に変化していく…

■ストーリー
ある日息子の部屋に入った母が目撃したのは、今まさにシコシコと『お勤め中』の息子だった。
ビンビンに盛った肉棒が目に焼き付いて離れなくなった母。
相手のいない息子の世話をしたい欲求にかられ、自らの熟れきった肉体を晒し…

■要素
母子姦、乳吸い、パイズリ、手コキ、パイフェラ、乳揉み、潮吹き、種付け、孕ませ…など

サイズ:1200×1600px
基本16枚
本編153枚+表紙
総枚数154枚

※プロテクトあり

ウェブサイトに追加サンプルを掲載しています。