CATEGORY 深夜フンコロガス

熟女エロ漫画 義父バレ〜老いた愚息を蘇らせてくれたのはことのほか我が一人息子の嫁だった。ついでに肛門から練り出すバレンタインチョコも頂きましたwwww〜

妻が急逝してから息子夫婦の家で同居するようになった。

廊下で息子嫁とすれ違う度にふわっとフローラルな香りが漂ってくる。

恥ずかしながら年甲斐もなく勃起した。

それからというもの、息子嫁に日に日に欲情していく自分を止める事が出来なかった。

増幅していく欲情、ある日私は便器にこびりついた嫁の忘れ形見を一舐めしてしまった。

瞬間に私の理性の糸がプツリと切れた。

『息子嫁を思う存分抱きたい!』

息子の出張が訪れた二月十四日、私は息子嫁に欲望に満ちた薄汚い声を掛けた。

熟女エロ漫画 淫者 ネットリくん〜人気の無い整体師の私が理性を失い、奥様を毒牙にかけ、ビチグソう〇こまで出させて昇天させた時のお話〜

これからどうしよう・・・・・・
私はとある雑居ビルに整体院を開業し、生計を立てているが未だにうだつが上がらず、齢50になっても独身のまま。
昨今の疫病の流行に伴い、私の整体院は閑古鳥が鳴くようになった。

そんな折、田舎から引っ越して間もないという若奥さんが来院してきた。
あまりにも久しぶりに女の肉体を触ったもんだから、私はその晩激しく興奮し、
その奥様を想像しながら自慰行為に及んだ。

明日も来る?

私は意を決した。
最高のマッサージであの奥様を昇天させてあげるしかない!
脱糞も含んだ特別メニュー、スペシャルマッサージが始まる。