CATEGORY 歴史

熟女エロ漫画 天平のヴァルキュリヤ〜奈良時代ふたなりレズ伝奇小説〜

(2022年10月下旬更新)

サークル主催の「販売キャンペーン 95 %割引」が終了しました。

2023年1月25日より、サークル主催のキャンペーンを再開します。

ご購入を検討の方々は新キャンペーンの開始までお待ちください。

(作品内容)

※「8世紀の日本に、北欧出身の女戦士がいた」という設定の小説です。

診断メーカーで連載していた「奈良時代ふたなりレズ伝奇小説」の、第01話から第24話(最終話)が元になっております。

私自身のペンネーム(福The2快奇)を各診断に入力し、そこから得られた診断結果を結合・加筆・修正しております。

完成した作品はPDFファイル1つの中に、4万5000字ほどの文章が入っております。

性的表現はどれも、サンプル8つのようにかなり軽いです。

なおサンプル画像は見やすいように、本文よりもフォントサイズを拡大した特別仕様になっております。

熟女エロ漫画 旅人が持ち寄った村の媚草 食すれば三日三晩休むことも忘れてまぐわいに没頭できる効能を持った草

西峯村(にしみねむら)。

この村は古(いにしえ)より、田畑で実る作物が豊富な村であった。

しかしこの村に移り住んできた一人の旅人が持ち寄ったある’種’によって、

村の特徴が大きく変貌する。

’性の村’

村人が村に残したのは、食することで三日三晩休むことなくまぐわい(セックス)に

没頭し続けられるほどの強い淫欲を沸き起こさせる効能を持った植物だった。

昼夜関係なく、’野合(大乱交)’に没頭する村人たち。

創作官能小説です。

三人称視点(第三者目線)で書いています。

文字数は約2600字です。