CATEGORY 小説屋白石華

熟女エロ漫画 美人妻浮気日記

一夜限りの人妻とのナンパをしていた男、通称リーチが、人妻との逢瀬を済ませ、ナンパスポットを歩いていたら、偶然、美人の人妻に出会うのだが、相手は美人な代わりに滅茶苦茶なことを言ってくるのだった。
「私をナンパしてください。どのようにされても人助けだと思って。」
「俺があなたをナンパするのが人助けなの?」
「はい。」
「……。」
男は思った。これは関わると何かある案件だと。しかし人妻が貞淑な雰囲気の美人なのもあり、興味本位で話を聞いてしまったのだった。

曰く、旦那が重度の寝取られ属性もちで、人妻の浮気報告を聞かないとセックスレスになるのだと……。
聞けば聞くほど関わるとトラブルに巻き込まれそうな胡散臭さがあったのだが、旦那公認で美人で貞淑そうな人妻と浮気し放題と言う条件に食いついて、結局、関係を持ってしまったのだった。

貞淑妻と不倫するチャラ男だけど、特にバイオレンス展開があるわけでもなく、興味本位で胡散臭い美人妻と関わって、セックスさせて貰えるからホイホイ食いついて、最後はなぜか人妻と旦那との関係改善にセックスで協力してしまう……どうしてこうなった人妻ナンパ官能小説。もしくは特に純愛要素もなく、人妻と後味なく浮気でやりたいだけ官能小説。

行きはよいよい終わりはズルズル官能小説。
規模は99ページ程度、イラストは挿絵7枚に表紙、裏表紙と各1枚ずつあります。、内、本番の挿絵があるのは二回目のエッチの後背位基本2枚。
エッチは、ナンパ男×人妻。人妻に愛撫、正常位、後背位、人妻に手ほどき騎乗位。ランジェリーはベージュと黒のレース、黒でレースのガーターに網タイツ。エッチシーンはガーターのみ着用。人妻の旦那は寝とられ属性持ちで公認でエッチ。出番はエッチが終わってからですが強烈なインパクトを誇ります。

PIXIV、アルファポリスさんで白石華名義で無料で小説パートを投稿の形で全文無料公開しています。

熟女エロ漫画 美母娘まぐわい指南

美人妻浮気日記から××年後、主人公の人妻専門ナンパ師はリーチ、人妻はルイと名前を変えて関係を持っていたが、娘のすーちゃん(すべてあだ名)が主人公の家(マンション)に入り浸り、何やら主人公に相談したいことがあるようだった。

「好きな人がいるの。男の人ってどうすれば好きになってくれるのかな。」
「そりゃあ、どういう形で好きになって貰うかに寄るけど。」
「そんな事言えるわけないでしょ。リーチさんならどうすれば好きになるか教えて。」
「お、俺? ……人妻になる事かな。」
「・・・・・・。」
正直に答えたらすーちゃんに掃きだめを見る目で見られた。

その日はよく分からないまま終わったが、日を変えて、今度は母であるルイと二人で主人公のいるマンションの一室で待っていたのだった。
ルイさん曰く、主人公はわざとすーちゃんを遠ざけていないかと。
主人公も主人公でそれには理由があったのだが、二人の言葉に結局、折れ。母と娘とでエッチをしてしまうのだった。わざと娘に嫌われることをしないように私が見張りますから3Pにしましょうってどういうことだ……と思いながらも主人公は母娘丼をしてしまうのだった。

シチュエーションは母娘丼とありますが母娘プレイがあるのは愛撫まででローションプレイのみです。エッチは娘と母でそれぞれ単独で行います。ランジェリーでローションプレイをした後、すーちゃんとは対面座位、ルイさんとは騎乗位の後おっぱいで抱き締め。それから母娘でダブルパイズリ。最後にアナルセックスがすーちゃん(娘)とあります。処女を喪失するのはすーちゃんの方です。
危なっかしいイマドキの子のすーちゃんを見守る母になったルイさんの豊満な肉体にふさわしい抱擁力もポイントなのでそちらもご覧ください。過去作よりも大きく成長しています。それに合わせて肉体も更に豊満に成長させました。

CGは28枚程度。内、エッチシーンは11枚程度、更にその内で行為をしているのは7枚程度。
今回はゲスト原稿にゲストイラストと表紙画像をとさかさんにお願いしました。表紙と裏表紙、口絵で合計6枚程度はとさかさんですが本文挿絵は白石華です。ご注意ください。とさかさんのイラストは表紙と口絵の各一枚、合計二枚で、母娘丼っぽいイラストは母娘のパイズリフェラの挿絵に流用しています。

本文は148ページ程度。文字数は5万字規模。
アルファポリスさんで挿絵以外、全文公開中です。サンプル資料代わりにどうぞ。