CATEGORY 妄想エンジン

熟女エロ漫画 友達の母親に慰めてもらう話

友達の母親に慰めて(セックスさせて)もらうオールフルカラーコミックです。

失恋のショックから下校途中、何も無い所でズッコケて、身も心もボロボロな僕(主人公)。
そんな時に友達の母親、範子おばさん(38)とばったり会い、おばさんは世話を焼いて、汚れた服を洗うために僕を自宅へ招いてくれた。
落ち着いた僕は失恋の顛末を話し、自分を卑下しているとおばさんは僕をやさしく抱きしめてくれた。
純粋に力づけるためだけの所作だったが、おばさんのおっぱいが身体に密着し、僕の下半身は反応してしまう。

隆起した僕のソレを見ておばさんは、驚きとともに自分のでそうなってしまった事に責任と愉悦を感じ
「おばさんが・・・慰めてあげよっか・・・?」と提案。
もちろん僕はその言葉に甘え、関係を持つ事となるのだった・・・。

そして当然、行為はエスカレートしていき、僕はおばさんを自分の女にする事を決意する。

表紙込み総ページ数46P

興味をもっていただけたら、是非!
よろしくお願いいたします。