CATEGORY 変態ママ

熟女エロ漫画 変態ママ

僕が学校を早退して帰宅すると、二階から妙な声が聞こえる。足音を忍ばせてママの寝室に行くと…。ラバースーツを着ておなにーしてる! ママがフェラチオするから秘密を守ってと言うけれど…最後までさせてくれなくちゃ、ママの秘密をしゃべっちゃうよ!!

「気持ちいいわ……お尻の穴に甘いしびれが響いて」
「ママのお尻が、バイブを欲しそうにしていたからだよ」
「んああぁ……はあぁ……あっ……あんっ……お尻がああぁ、ひいぃ、はあぁ」
「どう? お尻、気持ちいい?」
「いい……気持ちいいわ……このバイブは何度も使ってるけれど……健人にされるともっと気持ちいいの……」
「ママのお尻に、僕のものじゃなくてバイブを入れた理由……ママも本当はわかっているんでしょ?」

「んはぁ……はあぁあんっご主人さまに喜んでいただいて、嬉しいです……」
「いいっ気持ちいいっご主人さまのもの……とってもいいですっ! んはあぁ……あっ……」
「あそこがよくて……おかしくなりそうですんあ、あひいいぃっ!」
「ママのあそこ、本当にいいよ、腰が止まらないよ」】
「ああぁ……はあぁ、はひぃっ……あそこかきまわされて……おかしくなっちゃう」
「いっちゃいますっ……ご主人さまのもので……いっちゃいますっ!」
「ひっ、はああぁっ、んああああああああぁぁぁっ!」
「ご主人さまのお情けが……こんなにたくさん……ああぁ飲み切れません……ああぁ」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 8枚+α
・差分込み本編 164枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

熟女エロ漫画 変態ママ[続]

僕が学校を早退すると、ママが寝室でラバースーツを着ておなにーしていた! パパに秘密を守って欲しいママはフェラチをしてくれたけど…僕は我慢出来ずにセックスを要求! ラバースーツを着たママの子宮を、精液でいっぱいにして満足させてあげるね!

「なら、ママのお望み通りに、もっとお仕置きしてあげるね」
「太いのが……息子のものがあそこの奥まで」
「ママが素直に話さないから、こういうことになったんだよ」
(ママのあそこ気持ちいい……)
「ああぁ、あそこの中で太いのが暴れている……ああぁ、あっ、あんっ」
「はあぁ……ああぁ……あんっ……んはあぁ……だめぇ腰をつかったらだめっ……ああぁんっ」

「ああぁ……こ、こんなのやっぱり恥ずかしいです」
「恥ずかしくはないでしょマスクをしているから、ママだってわからないよ」
「でも……こんな、外で……お尻もあそこも丸出しなんて」
「誰に見られるかもわかりませんし……」
「あそこや胸を丸出しにして、誰に見られるか分からない状況なのがいいんだよ」
「こ、こんな格好……恥ずかしくて恥ずかしくておかしくなってしまいます」
「そりゃ恥ずかしいよね何しろ、胸もあそこも露出しているんだから」
「あそこや胸だけに……視線が集中するような気がして……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 8枚+α
・差分込み本編 147枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ