CATEGORY 僕だけが知らない

熟女エロ漫画 僕だけが知らない総集編III

僕だけが知らない総集編III
(ぼくだけがしらないそうしゅうへんさん)

3作品収納 総ページ数366P

1僕だけが知らないママの竿遍歴
(ぼくだけがしらないままのさおへんれき)

●総ページ数127Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

(僕だけが知らない)の新シリーズ第1弾。

ある北関東の寂れた温泉街に潜伏するかのごとく静かに
暮らしている母子。

主人公の信一郎は極度の対人恐怖症の為に母親以外の
人間には会話すら出来ない。

何回か転校するうちに、新しい環境にも馴染めず不登校
ぎみに。

そんな息子を叱るわけでもなく、いつも明るくはげまし
てくれる母郁子さえいれば信一郎は満足であった。

しかし、最近いろいろ母に対して疑問を持つようになっ
た信一郎。

(そもそも自分の父親のことを母がまったく語らないこ
と)(なぜ頻繁に引越するのか?)(そして転居先がい
つも寂れた温泉街なのはなぜなのか?)

そして、彼は気がつく。(僕は母の生い立ち、過去をま
ったく知らない)

母に対しての疑問と同時に信一郎に最近湧き上がるある
抑えきれない感情。

そして我慢しきれず母にその心のうちを吐露する主人公。

そんな中、この親子の元にいかがわしい男たちが現れる。

2僕だけが知らない先生の性器交遊録
(ぼくだけがしらないせんせいのせいきこうゆうろく)

●総ページ数125Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

(僕だけが知らない)の新シリーズ第3弾。

僕の彼女は英語の教師をしている。
僕と先生がつきあっていることを周囲には隠している。

ある日、僕は先生のある噂を耳にする。
「先生に限ってそんなことない」

そんな僕の気持ちをよそに彼女は僕のうかがい知れない
ところで、他の男たちと合体しまくっているのだった。

そもそも、彼女が教師になり、この男子校に赴任した
理由とは。

彼女の闇を僕は知ることになる。

3僕だけが知らない妻の股間欲求
(ぼくだけがしらないつまのこかんよっきゅう)

●総ページ数114Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

(僕だけが知らない)の新シリーズ第2弾。

牧洋一といずみは若くして結婚していた。
洋一の安いサラリーでは家計は火の車であったが親子3人楽
しく暮らしていた。

そしてそんな生活も十数年経ち、娘郁子は生意気ざかりなが
ら元気に成長していた。

夫婦仲も相変わらず良く平穏な日々・・・。

だがある男の出現でそんな日々が一転し始める。

偶然知り合ったその北川という男にいずみは最初は嫌悪感を
抱いていたのだが、次第に男のペースに巻き込まれていくの
だった。

夫の洋一は妻の異変にまったく気がつかない中、いずみのわ
ずかな異変に娘は気がついてしまうのだった・・・。

熟女エロ漫画 僕だけが知らない 総集編 1

僕だけが知らない 総集編 1
(ぼくだけがしらない そうしゅうへんいち)

3作品収録

1 僕だけが知らない委員長の穴事情
(ぼくだけがしらないいいんちょうのあなじじょう)

●総ページ数119Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

主人公は転校先の学校になかなか馴染めずにいた。

クラスで主人公を気にかけてくれている2人。

一人はクラス委員長の榎木泉。クラスのマドンナ的存在
の優等生。

もう一人は見た目は軽そうなイケメン副委員長の牧信一郎。

2人は主人公が心を開いて話が出来る数少ない存在だった。

そんな彼は次第に榎木のことが好きになる。

彼の様子を見ていた牧のアシストにより、奇跡的に榎木へ
の告白は成功するのであった。

有頂天になる主人公の知らない場所で実はいかがわしい計画
が遂行されていた。

そして榎木と牧の本性が。

2 僕だけが知らない母の2穴事情
(ぼくだけがしらないははのふたあなじじょう)

●総ページ数100Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

前作(僕だけが知らない委員長の穴事情)で
クラスメイトの委員長榎木と牧の2人の企てにより
精神的ショックを受けた僕(堂島裕太)は入院を余
儀された。

現在、僕は母と2人暮らし。今回の入院で母(早苗)
に心配をかけてしまっていた。

何故、僕が錯乱してしまったのか、さすがに母には
本当のことは言えずにいた。

僕が家を空けている間、あの2人が動き出したこと
を僕はまだ知らない。

牧の標的は今回、母に向けられていた・・・。

3 僕だけが知らない彼女の子宮事情
(ぼくだけがしらないかのじょのしきゅうじじょう)

●総ページ数103Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

前作2作(僕だけが知らない委員長の穴事情・僕だけ
が知らない母の2穴事情)のあらすじ

クラスメイトの委員長榎木と牧の2人の企てにより
精神的ショックを受けた僕(堂島裕太)は入院を余
儀された。

現在、僕は母と2人暮らし。今回の入院で母(早苗)
に心配をかけてしまっていた。

何故、僕が錯乱してしまったのか、さすがに母には
本当のことは言えずにいた。

そして、僕が入院で不在の中、牧と委員長は母に接近
する。

母は僕がおかしくなった原因がこの2人にあることを
突き止め、彼らを詰問するが、逆に牧にあっさり食べ
られてしまう。

時すでに遅し、僕が駆けつけた時、衝撃な場面を目撃
してしまうのであった。

僕、母、牧、委員長の4人のカオスな乱宴が展開され
るなか突如終焉を迎える出来事があり、委員長も母も
正気を取り戻す。

牧は現場から逃走し消息不明に。僕達に平穏な日常が
戻って来たかに思われた。

今回のあらすじ

しかし、悪夢はまだ終わっていなかった。
潜伏していた牧が動き出す。
一方、全てを清算し東京の親類の家で謹慎生活をして
いる委員長にも変化が起こっていた。