CATEGORY ピエトロ

熟女エロ漫画 義父に種付けセックスされ発情する人妻

美人で巨乳の人妻が性欲絶倫の義父に借金の恩を着せられセックスさせられまくるお話しです。

■あらすじ

清楚で美人で人当りのいい人妻『アヤカ』は
家族で食事を楽しんでいた
そして光景は誰が見ても
幸せそのものの景色だった

がしかしそれはまったく違っていた、、、

なぜなら
そこにいる義父のせいだった

ハゲで汚らしく且つどスケベなその義父は
以前からアヤカへ言い寄ってくるのだ
その内容はとても卑猥なものだった…

美人でキレイだとか
好みのタイプだとか
あの手この手で言い寄ってくるのだ、、

しかし
人間関係に気を遣って夫には内緒にしていたが
いつか一線を超えるような事が
起こるのではとアヤカは
日常の中に密かに不安を抱えていたのだった…

そして
その不安は的中する事になった

『きゃやあああ!!』

『なっ何するんですか!お義父さんっ…!!』

夫のいない隙に義父は背後から
忍びよりカラダに抱きついた

『アヤカさんガマンできんのだよぉ~』

『ちょっと…お義父さんっ!』

恐怖と混乱で力いっぱい抵抗するアヤカ、
しかし次の瞬間驚くことを提唱してくるのだった

『誰のおかげでこんな生活できてると思っとるんだい?』

『イヤならすべてキャンセルしてもいいんだよぉ~ウッヒッヒ!』

そう、
アヤカ夫婦は義父に大きな借りがあるのだ
夫の借金と家ローン
あらゆるお金の工面をしてくれているのだった

とんでもない卑怯で卑劣な交渉に絶句するアヤカだが
どうしようもない選択に
アヤカは決断してしまう

’カラダを差し出すことを’

この時義父の行動にすべてが合点いくアヤカだった
工面してくれた動機は私の’体目的’だと

『いやぁぁぁッ!!』

義父の豪快に勃起したチ○ポが
アヤカの熟れたオ○ンコを容赦なく突きさす!

受け入れた要求だとは分かっていても
声とカラダは大きく拒否反応を示す!

当然と言えば当然だ
他人の男のチ○ポを受け入れるはずもない

しかし義父はどんどんズボズボばちばちと
チ○ポピストンをエスカレートさせる!

’やめて’と声をあげるだけのアヤカだった
地獄のような沙汰の中に
股を開き四つん這いになりケツをだし涙し
義父のチ○ポがただただ終わる待つのみだった

『中にたっぷち出してやるからねぇ~』

『やめてぇぇぇ!!』

やがて思い通りになった興奮と快楽に絶頂を迎え
アヤカのオ○ンコ膣内へねちょねちょトプトプの
ありったけの精液をぶちこむのだった…

はぁ…

はぁ…

はぁ…

絶望しアヤカは放心状態だった…

しかしそれで終わる義父ではなかった
何度も何度も恩を着せ脅し
アヤカを真っ昼間からセックスのオモチャにするのだった、、、

だが、アヤカも徐々に
カラダが反応してしまう自分に
気づいてしまった…

’感じている’

実はアヤカは長年のセックスレスに悩む一人の人妻でもあった。
長く夜の営みがない彼女にとって
久しくのエッチが思わぬ快楽を得てしまったのだ…

頭ではイヤがっていても
義父の赤く黒く反り起つチ○ポが
自分のオ○ンコに無造作に挿入されるたびに
最高の快楽の電気がカラダを走るのだ!

そしてそれはいわずもがなエスカレートし
義父に誘われるたび
オ○ンコがじゅんじゅんし激しく濡れるのだった、、、

『さてさっそく…ウッヒッヒ』

そして今日もアヤカは
義父の身勝手なセックスに誘われハメられ
夫と●●への懺悔をしながら頭に奏でながら
心の奥底に眠る
女としての喜びに毎秒発情する―。

基本19p、差分総数57p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 チャラ男の言いなりになった人妻

チャラ男がマッチングアプリで出会った人妻をセックス漬けにしていくお話です

■あらすじ

ナンパ野郎の『レン』はマッチングアプリで
意気投合した人妻『サエコ』と待ち合わせをしていた。

しかし出会うや否や『サエコ』は驚いた
なぜならレンは隣に住む住人だったのだ!

隣に住む若者が目の前に現れ
あまりの展開に混乱に襲われるが
レンはすかさず非道な行動に出るのだった

『マッチングアプリで浮気がバレたくなかったら
セックスをしろ』と要求したのだった!

サエコは胸を締め付けられ
驚愕の条件に身が震える思いだったが
彼女に選択肢の余地などなかった

要求を呑んだ…

服を脱がされ
胸を揉みしだかれ
パンツははぎ取られ
股間をまさぐられ
サエコはレンにヤリたいように
ヤられるのだった…

しかしサエコは女として’最後まではしない’と
強情を見せるもそのたびに世間にバラすと
おどされ泣く泣く従うほかなかった

そして
ゴム無し生オ○ンコ挿入され
抵抗や拒否も虚しく
レンのチ○ポを受け入れるしか
なかったのだ

レンもまた人妻の美味しさを味わいながら
サエコの熟れたケツをわしづかみ
全力で膣奥までギンギンのチ○ポをねじ込みまくる、、、

しかし
サエコは他人のチ○ポにオカされながらも
快楽を少しずつ感じるのだった

それは夫との長年のセックスレスによる
欲求不満による痛烈な反動だった

非道なレンにオカされながらも
求められる女としての本能の喜びがこみあげ
カラダが言うことを効かなくなってしまったのだ

そして腰を振り上げ
レンのチ○ポを欲しがるようになっていたのだった

’アナタ許して…’

やがて二人は禁断の無理やりセックスに身を投じ
抜けられない男女の交尾の世界に浸り
どっぷりと遣っていく―。

基本24p、差分総数72p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 義父と子作りする人妻

美人で巨乳の人妻が金銭的に借りを作っている義父の言いなりになりセックス漬けにされるお話です

■あらすじ

美人で巨乳の人妻『ナミエ』は日々悶々としていた。

それには2つあった。
夫とのセックスレス、そして子作りだ。

ここ最近は妊活のために毎日のように
セックスをしているのだが
夫の儀式的なセックスによる不満と
なかなかに妊娠しない現状であった。

しかしそんなときに
最大のアクシデントが起きてしまった。

『ナミエさん、アイツには無理じゃ』

『いやぁぁぁッ!離してくださいっお義父さん!』

なんと突如義父に言い寄られるのだった。

以前からナミエをエロい目で見ていた義父は
そのエロいオッパイと尻についに触発され
襲い掛かったのだった。

驚き混乱するナミエは必死の抵抗をするが
さらに驚く事を吐く義父だった

『この家を買ったのは誰だ?』

『タクヤの借金を返したのは誰だ?』

『…それはッ…』

金銭的に援助を受け
義父に対して大きな借りを作っていたナミエは
何も言えずにいた…

そして義父にみぐるみをはぎ取られ
オッパイ、オ○ンコとまさぐられ
まくるのだった、、、

義父のチ○ポを受け入れるしかなかった。

地獄のような状況にたまりかねて抵抗するも
イヤなら’家を売ってやる’と
そのたびに脅しをかけられるのだった

絶望。

すべての選択肢が絶たれたナミエは
そのエロい体を義父にささげる、、、

そして
フ○ラ、パ○ズリ、正常位、バック、騎乗位、拘束と
ありとあらゆるスケベな行為をヤられ
オモチャのようにされた、、

しかし、
夫とはまるで違う義父の野性的なセックスに
ナミエは徐々に体のチカラが抜け
快楽の扉もまた開く瞬間でもあった、、、

そして夫への罪悪感と
義父のチ○ポを求め始める自分に
ナミエは自我が崩壊する、、

やがてナミエは
義父にオカされることに快感を得、
中出しを求め、
義父との子作りにハマっていく―。

基本22p、差分総数66p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 バイト先の人妻は欲求不満のドスケベ主婦だった

若い男子がバイト先に務める美人で清楚な人妻と仲良くなりひょんな事からエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

若い男子の『レン』はバイトに通うたびにウキウキしていた
がその日は違っていた。

なぜならそこに努める美人で清楚で巨乳の人妻
『サエコ』がいたからだ

レンは以前からサエコに想いを寄せており
勤務して一か月ほどで
サエコとはかなり仲良くなっていたのだった

そしてその日は想いが爆発した。

レンは客足が引いたころ合いをみて
朝の掃除をするサエコの露わになったお尻をキッカケに
後ろからオッパイを揉みしだきケツを鷲掴みにし
サエコに想いをぶつけるのだった

レンの突然の行動に驚くサエコは
こういうことはいけないと諭しつつも
抵抗し必死にレンを落ち着かせる

が、レンの強い想いに
サエコも押されてしまい
少しだけ…とそのエロいカラダで応えるのだった…

レンのズボンをおろし
ギンギンになったチ○ポを
握りそっとフ○ラをしたのだった

最高にハッピーの瞬間に包まれるレンだったが
それだけでは収まらなかった

即座にサエコのパンツをおろし
オ○ンコを押し広げじゅくじゅくに濡れた
クリから膣穴までじゅぽじゅぽと
舐めまわすのだった

店内で猛烈に恥じる行為をされ
混乱の最中にも必死で抵抗するサエコだったが
自分では気づかないうちに力が出ずにいた…

それは長年のセックスレスによるものだった

久々に体に走る刺激に
サエコはつい快楽を感じてしまったのだった…

そして、
パ○ズリバック正常位騎乗位と
レンにヤられまくるのだった

やがて二人は店内で燃え上がるような
そして野性的な交尾を展開し、
年上の人妻の熟れたセックスに絶頂をむかえたレンは
ヤってはいけないサエコのオ○ンコの奥の奥に
溢れんばかりのたっぷりの精子を放出する―。

基本20p、差分総数60p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 介護で義父にカラダを奪われた人妻

清楚で巨乳の人妻がお金を借りている義父に言い寄られ泣く泣くエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

清楚で美人で巨乳の人妻『ユウカ』は
毎日が不安で気が休まらなかった。

それは同居している体の不自由な義父に対してだった。

毎日カラダを拭いてあげたりと
生活の介護をしている中
以前から頻繁にセクハラをされていたからだった。

誰も見てないところでオッパイやお尻を頻繁に
鷲掴みにしモミモミとエロっていたのだ

体が不自由とはまるでウソなのだ

そしていつか一線を超える大事に発展しないかと
不安だったのだ

そしてそれは起こった

突如後ろから抱きつかれ
ブラジャーをはぎ取られパンツをはぎ取られ
巨乳を揉みしだかれオ○ンコを指で
ぐちょぐちょにされたのだ!

突然の出来事に驚くユウカであったが
いつかこんなことが来ると予想しつつも
本気襲ってくる義父にめいっぱいの
抵抗を浴びせた、、、

しかし驚くべきことが起こった

’ワシに借金があるのに恩をアダで返すのかい?’

ユウカ夫婦は以前に夫の借金のカタ替わりを
義父にしてもらっていたのだった
苦しい貧困から救ってくれた恩人でもあったのだった

そのことを責められたユウカは
体が固まり従うほかなかった…

’アンタはモノ分かりがええの~ウッヒャッヒャ’

そしてユウカはどうしようもない状況に
その熟れた豊満な体を義父にささげる、、、

フェラパイズリ69
正常位騎乗位バック電マと
ありとあらゆるエロを
義父に浴びせられるのだった、、

地獄だった、、、

しかしユウカもまた夫と長年のセックスレスにより
うかつにも義父のチ○ポに快感を
得てしまったのだ、、

抵抗しようもない絶望の中そして
快楽が芽生える自分に絶望を感じる中

ユウカは性欲絶倫の義父にオカしにオカされ
大量の精子をオ○ンコ内に注がれる、

やがてユウカは夫にはない
野性的な義父のセックスと
そのデカチ○ポに狂っていく―。

基本20p、差分総数60p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 ギャルママとゴムなし言いなりセックス

年頃の男子が隣に住むギャルママと仲良くなりひょんな事からエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

年頃の男子『コウタ』は猛暑の中
ドアカギの故障で外の玄関で長時間
待ちぼうけを食らっていた

『そんなとこで待ってたら死んじゃうよ』

『ウチ来な』

そんな時やさしくそして気さくに
声をかけてくる人物がいた
隣に住むギャルママ『リンカ』だ

大胆な誘いにコウタは躊躇し断るも
体調を心配しぐいぐいと誘ってくるリンカの
圧に負けてしまった、、、

『アハハ!緊張してんの?』

ソファに二人きりで座るコウタの
カラダはガチガチだった

それもそのはず
最近越してきたばかりの彼は
リンカに想いを寄せていたのだった

美人で巨乳でオッパイお尻の露出全開の
たたずまいに毎日オナニーするほど
コウタには刺激的で即刻好きになっていき
その想いは日に日に増していたのだった

『あんた案外筋肉あんじゃん!』

『生意気~』

二人きりのソファで接近し
ぐんぐん体を触ってくるのだった!

緊張と興奮が頂点に達し
想いの限界に達したコウタは
ついに告白をしてしまった

『好きです!』

『ちょっ!何?溜まってんのアンタ?』

しかし告白どころか
なんとコウタ同時にリンカの服を脱がしオッパイをモミモミ
チュパチュパとしていたのだった!

驚くリンカだったが余裕しゃくしゃくだった

『アンタアタシとヤリてぇだけだろ?』

『え!ちっちがいます!好きなんです!』

図星だったコウタだったが
ここまで来たからには引き返せなかった!

リンカはコウタのチ○ポをしゃぶりつくし
あげくにはM字開脚でまたがり
コウタのギンギンのチ○ポを
自らオ○ンコにねじ込むのだった!

童貞のコウタははじめて衝撃の走る展開に
興奮が爆発し
そして好奇心とオスの本能が芽生え、

リンカのカラダ
リンカのオッパイ
リンカのオ○ンコに

ありったけの童貞妄想エロスをぶつけ
そして昇天の果てにリンカのオ○ンコに
膣内射精を遂げる、、、

やがて二人は
ヤリモクかはたまた恋愛か、
毎日のセックスライフを送る―。

基本21p、差分総数63p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 キュートな叔母さんと内緒で中出しエッチしちゃいました

年頃の男子が叔母の事が好き過ぎて猛烈に情熱をぶつけらそのままエロい展開になり結果エッチしてしまうお話です

■あらすじ

あわただしく親戚一同集まり実家の掃除をしているその日に
心ときめく男子が一人いた、、、

名は『ユウマ』。

緊張しながらもドキドキと胸を高鳴らせている理由はただひとつ

叔母の『マリナ』であった

マリナおばさんと荷物運びをしているその間に
彼は以前から意中であるマリナおばさんへ
告白をするつもりだったからだ

そう

この日こそユウマの記念の日であった

昔からマリナおばさんの事が大好きだった
それは親戚としてではなく
真に異性として
そして女性として、、、

ずっとずっと好きでタマらなかった
脳内でマリナおばさんをモノにしたくて
オナニーの日々を送っていた
そして好奇心の爆発を抑えられず
告白をするという決意に出る日だった

『いろいろありがとうねー』

『はっはい…』

そしてユウマは二人きりになる機会を狙って
マリナおばさんへ胸の内を思い切って打ち明けた!

『突然そんな事言われても…』

『…おっ!おばさんっ!』

『ッ!!ちょっと…!ユウマくん待ってっ!』

ユウマはその性欲の暴発が起き
マリナおばさんの口へベロキスを放った!

童貞であるユウマにとってそれは捨て身の行動だったが
したこともないベロチュウもヨダレと唇をベチョベチョと
全力で舐めまわしたのだ

あまりに攻撃的なユウマのベロキスに
躊躇するマリナおばさんだったが
想いを真っすぐにぶつけ迫るユウマの圧力に
負けてしまった、、、

『分かったけど…最後まではしないからね…』

とすべてを悟ったマリナおばさんは
かろやかに色っぽく服をぬぎ
ブラジャーを外し
スルっとしなやかにパンツを脱いだ…

ユウマは目の前に広がる
マリナおばさんの豊満なエロい体を生で目に焼き付かれ
興奮が一気に昇った!勃起した!

『んなああああッ!』

即座にマリナおばさんは
ユウマの反り起ったチ○ポにむしゃぶりついた
待ちに待ったマリナおばさんのフェラだ!

童貞のユウマは初めて味わうフェラに
脳天直撃の快感が走った!
最高だった

そしてマリナおばさんのエロスは続いた
パイズリをむにむにと展開したのだった

ユウマは立て続けに行われるマリナおばさんの
エロスに歓喜歓喜歓喜した!

そして童貞の好奇心と発情が溢れだし
ユウマはマリナおばさんのオ○ンコへ
チ○ポをズブブとねじりこませた!

『んあああッ!おばさんスゴイよっああああッ!』

『ちょっと待ってユウマくん!ゴムなしじゃ大変』

『デキちゃったらヤバイわっ!』

生でズボズボ
そしてマリナおばさんは騎乗位や
バックや正常位でウブなユウマのチ○ポを
刺激させ体位をエスカレートさせ
ユウマをオトナのエッチの世界へ誘う…

ユウマは初めてのセックスに
そして初めてのオ○ンコに
一瞬にしてイキそうになるっ!

『おばさん!ダメでるっ!!』

『中はダメよっ!』

それは間に合わなかった
ユウマはありったけの
大量の熱くたぎる精子を
マリナおばさんの膣内へ発射した

ハァ

ハァ…ハァ

『ダメじゃない中に出すなんて…』

ユウマは童貞を捨てた
あこがれのマリナおばさんで
それも中出しまで、、、

しかしそれはこれで終わらなかった

二人はその後も会い―
ひっそりとパコパコとやりあっているのだ

マリナおばさんもまた
旦那と冷え切った生活の中にあり
長くセックスレスだった、、、

そこへユウマの想いに応えてく中で
あろう事か欲情していったのだ
背徳のセックスだった…

いつかはマリナと一緒になりたいユウマ、、、
ヤってはいけないセックスにハマるマリナおばさん、、、

複雑な思いの二人の
込み合ったセックスは止まらない…

そして今日も
二人はひそかに落ち合い

ユウマとマリナおばさんの
若いチ○ポと熟れたオ○ンコの
ピストンが激しくなり
肉が打ち付け合い
エロい愛液がほとばしり

興奮が昇天し
二人は抜け出ることのない
快楽の沼へと深くハマっていく―。

基本20p、差分総数60p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 夫の上司にオカされた人妻

清楚な人妻が仕事で失敗した夫の上司から強引に恩を着せられセックスにハメられていくお話です

■あらすじ

清楚で美人な人妻『ナツミ』は
突如夫の上司『大林』から借金返済の話を
もちかけられ困惑していた

夫が仕事で失敗し3000万の横領罪に問われる形に
なっていたのだ

絶望するナツミだったが
その肩代わりをすでに大林がしていたのだった、、、

『返せる時でいいからちょっとずつ返してくれればいい』と

大胆な善意に驚きと罪悪感に見舞われた
ナツミはその肩代わりをストップするも
経済的に余裕のないナツミ夫婦は内心助かっていた、、、

しかしある日アクシデントが起こった

突如、大林に後ろから羽交い絞めにされ
ナツミは思うがままにオッパイを揉みしだかれたのだ!

『ナツミさん時は以前からアンタの事に好意があってねぇ』

あまりの突然の出来事に混乱するナツミだったが
猛烈に抵抗した
そしてある不安が一致したのだった

それは以前から大林は家に来ては
ナツミのカラダをジロジロと舐めまわすように見ていたのだった、、、

そしてその予感が的中したのだった

『抵抗したら3000万は無しになるよぉ?』

なんとさらに脅しをかけてくるのだった…!

ナツミはありえない事態に
超絶反抗するもこれを拒否すると
’夫が犯罪で捕まってしまう’と瞬時に悟った

そして同時にそれは選択の余地がない事が分かった

『ウッヒッヒ~!』

『ナツミさんアンタ最高だよ』

ナツミはまるで降参した草食動物のように
ゆっくりと大林のチ○ポをくわえ服を脱ぐ…

フェラパイズリ
電マローター正常位騎乗位バックと
ありとあらゆる体位でオカされるのだった

’無抵抗’

カラダを預け
悪夢と地獄を味わったナツミだったが
夫とは違う大林の性欲絶倫の野性的なセックスに
思わぬうちにカラダが反応してしまう…

そして荒く乱暴な無理ヤリセックスに
次第にメスの発情が覚醒し

ナツミは大林のチ○ポに狂っていく―。

基本25p、差分総数75p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 隣の人妻が生セックスを許しちゃった件

モテない男子が隣に住むエロい人妻と知り合いとあるきっかけから生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

年頃の男子『レン』は日常的にのぞきをしていた。

隣に住む巨乳で美人でエロい人妻『ユウカ』に
超絶想いを寄せていたからだ。

引っ越してきて以来彼はユウカとそれなりに
仲良くしているが

レンはある日その想いが限界に達し
告白を迫る決断をする

レンにはそれを成功させる決定的な武器があった

それは夜な夜なのぞきの中に
’エロチャットをしているユウカの秘密’を握ったのだった

『ちょっと!レンくんコレは…ッ!!』

レンはその弱みをかざし告白を迫り
突如ユウカのこぼれんばかりの巨乳をまさぐった!

あまりの急な行動に驚き全力で拒否するユウカだったが、

’エロチャットの事を世間にバラす’とさらに強気に迫るレンだった

どうしようもない脅しに抵抗の力も弱まり
脱力していく中に泣く泣く従うユウカだった、、、

にオッパイオ○ンコと指と舌でベロベロに責められ
ウブなチ○ポをにゅるにゅるズボズボをするのだった

レンもまた全力でユウカをオカすはずが
徐々に好きという気持ちが膨れ上がり
ユウカをよりもっと気持ちよくさせようと芽生えていく、、、

そんな中
長い間夫婦との間にセックスレスという溝の中に
常に欲求が溜まっていたユウカもまた
次第にレンのチ○ポに快楽を感じ、

レンの自分に対する恋心をも感じていく

フェラパ○ズリ正常位騎乗位バック
風呂場セックス拘束…

とやがて二人は恋人のような情熱的に荒れ狂うエッチへと
発展する、、、

そして最高の興奮迎えたレンは
ユウカのぐっしょりオ○ンコへ
好奇心MAXと童貞ながら本能が覚醒し
大量の精子を暴発させる―。

基本21p、差分総数63p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

熟女エロ漫画 知り合った人妻と無限エッチ

年頃の男子が隣に住む美人で巨乳の人妻とお詫びの印という理由でドスケベエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

’ごめんなさい’と謝りながら玄関口でたたずむその女は
美人で巨乳で清楚な人妻『アヤカ』だ

方やドギマギしながらそれに対応していたその男は
年頃の男子『ハルト』だった。

●●がうるさくて謝りに来たアヤカに大丈夫だと
返答するハルトだったが突如妙な事を言われる、、、

『あとでお詫びするから…』

美人で巨乳のアヤカがゼロ距離で耳元でささやき
猛烈に誘ってくるような雰囲気に
ハルトは一気に興奮に達した!

そして間髪入れずアヤカは突如
ハルトのアソコをまさぐりディープキスを
したのだった…!

あまりにアヤカのエロ過ぎる行動に驚くハルトは
全力で断る

しかしアヤカはお詫びだから気にしなくていいと諭すも、

『オバサンじゃイヤ…?』

と強烈な選択肢を迫るのだった、、、

実はハルトは引っ越して来て以来
人妻だと知っていつつも『アヤカ』のことがずっと
大好きだったのだ

しかしこんな事をしてしまったら不倫だ!
てバレてしまったらヤバイ!人生終わりだ!と恐怖を覚えるも

苦しい葛藤の末
憧れのアヤカとヤれるなら
人生終わってもいいと
意を決し覚悟するのだった!

『ハルトくんすごいカチカチ…』

『挿入れたい?』

『はっ…はいぃぃぃッ!!』

ハルトはめいっぱいアヤカのオッパイ
そしてオ○ンコと責めるのだった

大好きなアヤカのカラダを食す!

ベロベロクンニ、
そしてアヤカからのフェラ、
そしてパイズリ、
正常位バック騎乗位と
ありったけの交尾を繰り返す

一方アヤカは
実は長年夫とうまくいっていなかった
女として見られていない不満に
長く浸かっていたのだった、、、

そしてウブなハルトが自分に気があることに気づき
身近な欲求解消のターゲットになったのだ

エッチ経験の薄いハルトは
アヤカのオトナのセックスにどっぷり支配され
やがてハルトは本能に目覚め
アヤカのオ○ンコをズンズンパコパコと
オカしまくるのだった…!

二人はケモノのようなセックスをする、
止まらない、

やがてハルトはアヤカのエロスに共鳴し
最高潮のエクスタシーを迎える

そしてアヤカのびちょびちょ
ぐちょぐちょに熟れたオ○ンコに
熱い精子を注ぎ込む―。

・基本20枚
・差分全ページ60枚
・PDF同梱