CATEGORY まどろみ行灯

熟女エロ漫画 山奥にある田舎宿

山から見える景色が素晴らしい
その話を聞いてどうしても写真が撮りたくなり
場所を教えてもらいここまで来た

移動でへとへとに疲れたけど・・・
それでも来て良かった
ところでここは何て村なんだろう?

電柱など無く車も走ってない
教科書で見るような
昔ながらの田舎の暮らしが広がっていた

「旅人さんかい?どうも~」
「あっはい、こんにちは」
面倒見の良さそうなおばさんに声をかけられた
話してみると雰囲気通り優しい人だった

「泊まるとこはあるのかい?」
「一応テントは持ってきたんですけどね…」

正直キャンプはそこまで好きじゃないから
できればどこかに泊まりたい
そういう気持ちが
顔に出ていたのかは分からないけど

「それならうちに泊まりなよ」
「いいんですか?いや、でも迷惑じゃ」
「いいよいいよ~」

少し躊躇したけど
テントより畳の方が良い
その言葉に甘える事にした