CATEGORY あんぱんぬ

熟女エロ漫画 ヤリマン熟女と下曲がりペニス

(おそらく)エロ漫画初の下曲がりペニス矯正ストーリー
表紙1P 漫画58P あとがき3P

ペニスには様々な「曲がり」があると思いますが
女性とセックスするうえでなかなか厄介なのがこの
「下曲がり」もしくは「下反り」と呼ばれるペニスなんすよねぇ。

生活するうえでは収納性もよく放尿時も的を外しにくく
不意の勃起もバレにくい、何の不便もない形状なんですが。

ところがセックスするうえでこれはなかなか不利な形状なわけで…
女性のGスポットやポルチオに当てるためにかなり工夫がいるんすよ。
バック、寝バック、あとギリ屈曲位、有効な体位もそれくらいしかなく。

抜けやすく、亀頭を膣壁にこすり付けにくく、勃起してるのにうなだれていて
見た目にも全然迫力なく、とにかく男としても誇れない残念な形状。

そんな下曲がりペニスで悩んできた私が、コンプを克服した実体験をもとに
下曲がりペニスのエピソードを満載した漫画を企画いたしました。
作画やストーリー構成はプロの友人漫画家さんに依頼しました。

〇登場人物紹介〇

陽太(20歳)
主人公。サイズは立派ながら極度な下曲がりペニスの持ち主。
つい最近彼女にフラれ、半ばヤケになってるところ友人から
セフレの熟女・麻友子を紹介される。女性経験は1人。元カノのみ。
熟女に興味はなかったが包容力にあふれる麻友子に心惹かれていく。

麻友子(?歳)
若い●●●を渡り歩く生粋のヤリマン熟女。
関係の別れ際に新しい子を紹介させ、男を乗り換えていく。
豊満なボディで常に巨乳を強調した服を着ている。
バツ2で今は独身。娘が一人いるらしい。

元カノ(20歳)
陽太の初体験の相手。なにかと元彼を引き合いに出して
主人公の自信を失わせた。セックスではバックを嫌い
下曲がりペニスに不利な正常位しか受け付けない。
結局最後は元彼と二股をかけて主人公を捨てる。

ストーリーの流れはおおよそこのようになっております。

1.下曲がりペニスに対する熟女のリアクション
2.挿入で初めて女性をイカせる主人公
3.器具による曲がり矯正スタート
4.矯正過程でのセックス
5.矯正終了後の濃厚で激しいセックス

あとがきには矯正体験談と器具についての説明を。
包み隠さずありのままを語っております。

下曲がりペニスに悩む同士にはぜひ読んで頂きたい作品です。
ちゃんとエロ漫画として抜けてそれでいて情報としても参考になる。
そんな有益な漫画になれば幸いです。