【年齢認証必須】あなたは18歳以上ですか?

YES / NO

OVER / UNDER

はい / いいえ

18歳以上 / 18歳以下

 

熟女エロ漫画は人生を楽しくする(^^♪
自分好みのスケベな熟女エロ漫画をゲットしよう♪
日本最大級の熟女エロ漫画ポータルサイトFANZA(ファンザ)


スケベな最新の熟女エロ漫画を楽しむならこちらからどうぞ♪


スケベな最新の同人熟女エロ漫画を楽しむならこちらからどうぞ♪

熟女エロ漫画 お仕置きされる 〜痴●をした結果…一生お仕置きの刑〜

作品内容
一生お仕置きされたい方へ
スパンキング・お仕置き+α作品になります。
【女→男】
FANBOXで投稿した作品になります。

【あらすじ】

痴●をしたばっかりに、更生施設で一生お仕置きの刑を受けることに…
毎日、毎日、お仕置き(スパンキング)三昧…
これは、地獄か…それとも天国か…
それぞれの物語は続いています。
(痴●に後悔させる編→痴●に後悔させる編2→更生施設編)

■お仕置きされる 痴●に後悔させる編…67P(GIF1枚含む)

■お仕置きされる 痴●に後悔させる編2…64P(GIF1枚含む)

■お仕置きされる 更生施設編 …103P

・表紙…2枚
・あとがき…1枚

★累計…237枚
※本編、表紙、あとがき含む枚数

【ジャンル】
・ギャル
・お姉さん
・おばさん
・熟女
・ドMホイホイ
・絞め落とし
・逆リ〇ナ
・男受け
・調教
・SM
・スパンキング
・お仕置き
・お尻ぺんぺん
・体格差
・巨乳・爆乳・超乳
・巨尻・爆尻
・豊満・ぽっちゃり
・長身女

など…がありますので好きな方は是非。

※至らない点は多々あると思いますが、作者と同じ好きなジャンルが好きな方に喜んでいただけたら嬉しいです。
販売の値段・販売中止になる可能性あり

作者の情報
pixiv…( )主にイラストを投稿しています。
Twitter…( )主にイラスト投稿の通知があります。
FANBOX…( )主にこちらにイラスト、漫画、GIFなどを投稿しています。
リクエスト募集中( )有料になりますが、リクエスト募集中です。
cien…( )告知などをしてます。

※お仕事も募集しています。DMにて個人的にリクエストも可能。

はじめまして
mutyuです。
私は、主にpixivのFANBOXにて活動しています。
描いてる内容は基本女→男の作品を描いています。(ミックスファイト、逆レ〇プなど…)
なので、もし私の作品に興味がありましたらFANBOXにて作品を見ていただけたらなと思います。
私の過去作などさかのぼって見ることができます。
まだまだ程遠い話になりますが…
私は、この活動を趣味ではなく仕事にしたいと思って活動しています。
今後ともよろしくお願いいたします。

熟女エロ漫画 <漫画と朗読セット>勉強よりもママとのセックスが大事

漫画と朗読のセットになります。
※朗読で多少の読み間違いはあるかもしれません。
※商品内容は 1音声MP3ファイル、 2静止画漫画JPG、 3漫画動画MP4ファイルの3種類です。

僕の部屋でエロ本を見付けたママは、このままでは勉強に
集中出来ないと思い、自らの体で性教育を行う。
「妄想は体に悪いわ。代わりにママがやってあげる」
僕のアソコをママがしごき、口でペロペロした後、セックスまで…。
ママは全部出してスッキリさせれば成績も上がると思っていたが、
僕とのセックスに大満足して感じまくってしまう。
その後、アナルセックスまでして、完全にアヘアヘ状態になっていく。
全カラー32P
朗読:約5分

熟女エロ漫画 認知症のババアは性処理器として使えるのか

介護の仕事に従事し勤務態度も真面目な彼はある不満抱えていた。

認知症の高齢者のお世話をするのは結構な重労働なのである。
しかし、仕事の割に給料は低く何度も仕事を辞めようかと考えていた。

彼が何とか仕事を続けられてきたのは、職場の同僚の女性にあった。

彼女に対して好意を抱いていた彼だが、彼女には付き合っている彼氏がいた。

思い通りにいかない現実に彼は欲求が溜まっていいく。

それは性的な欲求も含めて・・

ある時彼は気がついたことがあった・・

認知症のババアならやってもバレないんじゃないか?と・・

そこから彼はある行動にでていく・・

【内容】
基本CG枚数 23枚
差分込み 51枚
セリフなし含め総枚数 74枚

(おまけ画像+4枚)

関連ワード
お婆ちゃん、オバサン、白髪、セックス、フェラ、バック、騎乗位、正常位、乳輪、乳首、中出し、未亡人、男主人公、口内発射、歳の差、70代

熟女エロ漫画 母親なのに… 息子とのセックスがやめられない

旦那とのセックスレスにより、熟れた身体を持て余していた美人妻・志保。彼女は性欲解消のために始めたライブチャットで、夜な夜なお気に入りの男性と相互オナニーを楽しんでいた。しかしその相手が、実は息子だったことが発覚! 以来、志保は息子の性のはけ口にされてしまうのだった! 「あッ! あッ! あんッ! 私達は親子なのよォォ…ッ!」

オナニーの見せ合いっこをしていたライブチャットの相手は、
なんと志保の息子・伸也だった!
伸也は正体をバラした勢いで、志保とセックスに及ぶべく襲いかかる!
「伸也君!? 駄目! やッ! 駄目だってば!? 挿れちゃ駄目よォォ――――…ッ!?」
《いいッ! 気持ちいいよォ…! ママのアソコん中ぁぁ…ッ!! 気持ちいい!》
「やぁッ! あぁんッ! んはぁぁ…ッ! いやぁぁんッ! 伸也くぅぅんッ!」
「許してェェ…ッ! 本当に許してェェ――…! ママはッ!ママはそんな気が無いのォォッ! 駄目ェェッ! もう離れてェェ…ッ!」

志保の不貞をパパにバラして欲しくなかったら、
自分ともっとエッチな関係になるようにと強要する息子・伸也。
志保はその脅しに屈して、息子による愛撫を受け入れるのだった……。
《ママの膣穴って凄い敏感だね。ハァ、ハァ…、膣穴の全域が小刻みに震えてるじゃないか、ちゅぶッ! ちゅぢゅッ! ちゅぢッ!》
「伸也君がエッチな事をするからでしょ! やめなさいって! やぁんッ! あぁんッ! ハァ! ハァッ! やめてェェ!」
「ハァ! ハァ! ハァッ! 許してッ! 伸也君! ハァッ! ハァッ! もう足腰に力が入らない! あぁんッ!」
「駄目! ハァ! ハァ! んくッ! んんぅ…ッ! んぬ…、くぅッ! や、やめ! あぅッ!」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 6枚+α
・差分込み本編 134枚
©TATEGUMI/アメノムラクモ
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

熟女エロ漫画 マッチングアプリで出会ったのは母親の友達!?〜エッチが苦手な元人妻がセックスに夢中になるまで〜

マッチンク?アフ?リて?出会ったのは母親の友達!?
~エッチか?苦手な元人妻か?セックスに夢中になるまて?~

○ストーリー
母親の友人である彩子と久しぶりに再会したあなた。
その時は何気ない会話で終わるが、後日マッチングアプリ経由で
お互いエッチな関係を求めて偶然出会うことになる。

もちろん彩子は友人の●●とそういう関係を築く事に
抵抗があったが、流れのままラブホにいくと止まらなくなり…。
元人妻と愛を育むラブロマンス。

●●ャラクター
三好 彩子 (みよし あやこ)
明るくサバサバし世話焼きな性格。
以前は主人公の家の近所に住んでいて、
母親と仲良くよく家に遊びにきていた。

しばらくすると夫の転勤で引っ越していった。
しかし夫の浮気が原因で離婚し、
長く住んだ場所に戻ってきた。
胸も大きくむちっとした肉付き。

○音声内容

●(1).トラック1

「んーもうしばらくはいいかなー」
「今更恋愛とかする年でもないし」

「でもずっと一人っていうのも寂しいから、」
「将来的にはまた結婚するのも」
「ありかなとは思ってるけどさ」

「あ、おかえりー」
「随分大きくなったね」
「わたしが最後に見たときはちっちゃかったのに」
「今はしっかりして●●●って感じになっちゃって」

再生時間:1:50

●(2).トラック2

「友達の●●となんて」
「そもそも、きみだって」
「こんなおばさん嫌でしょ?」

「きゃあっ」
「ちょっとどこ触ってるの」

「んんっ……無理やり押し倒して」
「胸触るなんて犯罪だよ」
「んんうっ……痛いから」

「落ち着いて」
「こんなひどいことする子じゃないでしょ」
「初めてのラブホで興奮しちゃっただけだよね」

「落ち着いて……ね?」
「一旦、わたしの上から降りて」

再生時間:17:37

●(3).トラック3

「今日は下も見せてあげる」
「この前よりエッチな格好でしないと」
「またすぐに溜まっちゃうでしょ」

「大した体じゃないけど経験がない」
「きみならこれで十分なんだよね」

「ふふっ、もう大きくしちゃってるし」
「若い子の性欲ってすごいね」

「今日は口でしてあげる」
「手でするよりもいいだろうから」
「でもそんなに期待しないでよ」

「旦那にだってほとんどしたことなくて、」
「もう何年もしてないんだから」

「じゃあいくよ」
「れろっ……」

再生時間:15:00

●(4).トラック4

「ねえ、あのアプリまだ使ってるの?」
「わたしに飽きたら他の女と」
「会おうとしてるんだったら許さないからね」

「きみはまだ女の扱いがわかってないから」
「平気で失礼なことするもんね」

「わたしがしてあげるって」
「言ってるんだから、そんなの消してよ」

「……なーに躊躇してんの」
「男なんだからそんなもんさっと消しな」

「そうだ、消してあげたらご褒美あげる」
「なんだと思う?」

「……きみの童貞もらってあげるって」
「言ったらどうする?」

再生時間:19:41

●(5).トラック5

「んうっ、んんっ、んあっ、ああっ……」
「それ、いいよ」

「ああっ、あんっ……」
「おつゆが掻きだされてどんどん溢れてくる」
「きみの手、汚しちゃった」

「んんっ、んうっ……」
「わたしの手もちんちんのおつゆで」
「べっとりにさせられたからおあいこね」

「んうっ、ううっ、んうっ、んああっ……」
「ああっ、あんっ、んんっ、んううっ……」

「これやばいかも」
「手でイカされちゃいそう」

「んんっ、んうっ、んんっ、んはあっ……」
「初めてのセックスでイカされたのに、」
「今日は手でなんて……」

再生時間:18:48

●(6).トラック6

「お互いに今の関係はよくないと思うから」
「きみは早くいい子見つけてよ」
「わたしも頑張るからさ」

「きゃあっ」
「またこんなことして」

「思い通りにならないと」
「押し倒すなんて最低だよ」
「ダメ、しないよ」

「やめて」
「服脱がさないでよ」

「無理やりエッチしたところで」
「なにも変わらないの」

「わたしは、もうきみとの関係を」
「終わりにするんだから」

「手、離して」
「んんんっ……!」

再生時間:17:40

●(7).トラック7

「まだこんな純粋な気持ちで」
「恋愛できるなんて思ってなかった」

「大好き、ちゅっ、ちゅっ、」
「ちゅっ、ちゅぷっ……大好きだよ」

「好きっ、好きっ、好きっ」
「んああっ、ああっ、ああうっ、ああんっ……」

「もうイっちゃう」
「一緒にイこうね」

「ううっ、んううっ、ああっ、」
「ああんっ……イくっ、イくっ」

「ああつ、ああうっ……」
「きて、きてきて、きてえええええぇぇぇ……!」

再生時間:14:23

総再生時間:1:44:58

————————————————————–

【シナリオ】
里見リトウ様

【声優】
琴音有波様

【イラスト】
でゆ山様

————————————————————–

熟女エロ漫画 エルフ妻とオークの隣人 乗馬マシン編

お隣さんにいただいた中古の乗馬マシン。使い方を教えてもらうために実際に乗ってみると、なぜか座面が激しく振動する。
エルフ妻の股間を直撃する快感フィットネス、お隣さんの目の前で潮吹き失禁!!

英語版もついてきます。
+English ver.

横長A4サイズPDF、本編38枚(タイトルカット含む)。
英語ver、文字無し差分などをそれぞれ別ファイルにしてます。もろもろ合わせて117枚。

PDFファイルですのでPDFリーダーで閲覧下さい。

熟女エロ漫画 とっても悪い悪魔と透と歩

PaintingBird最シーリズ
ふたなり姉×男の娘弟のエッチな日常に悪魔母子まで!
———————————————————
どこにでもいる姉弟。よく似ている姉弟。姉の袖を掴みがちなその弟は
姉と似た格好をしている。
昼食をお店で済ませた後の帰り際、店長のママさんに声を掛けられ
スマホを拾ってもらう。
その時姉弟の弟と同い年ほどの少女も現れ、短く言葉を交わし、二人姉弟は去ってゆく。またいらして下さいと声を背中で聞きながら。
実はこの時既に魅入られてるとも知らずに。

表に一切出さず、内に秘めた弟愛にあふれた姉の透(とおる)。
姉のちょっかいやいたずらを煩わしく思うも、姉のおさがりを着たり、
髪型真似てみたりといつも姉を想う優しき弟歩(あゆむ)。

透の隠れた変態行為がエスカレート気味になる日常で、突如二人は
夢の中に誘われ、思いもよらぬ悪魔二人の洗礼を受けてしまう。
特に命に別状なくただただ辱められた二人。
程なく自宅で目を覚ますが、互いに自身に異変が起きてることに気が付き、
姉の透は歩への変態的な想いが溢れ、突然自身の股間に立派なモノが生えてしまう。歩への溢れる想いの大きさを表しているのかもしれない。
姉の異変にすぐさま’あの夢に出てきた悪魔たち’を思い出した歩。
何とか姉を戻したいと思うが、強く魅入られてしまった姉を止めるには至らず、
その股間の異変が収まるならばと自ら姉の欲望のまま身を犯●れる事を許す。

どこにでもいる姉弟の何処にでもある、愛溢れるふたなり姉×男の娘弟のエッチな日常を描きました!

本編52ページ
差分一切なしのモノクロマンガ

プラス文字無パッケージカラーと限定公開だったイラスト作品を数点収録し
全56ページ+α!!

悪魔ママ。強引な誘いや行為は美しくなく趣味じゃないと、常に素直をモットーに人をエロスに対して正直にさせてしまうママ悪魔。どんな関係性の組み合わせも素直な、正直な行為をさせてしまう。本人はそれを後ろで視て致したい派でその
方が興奮するとさえ思っている、本作一凶悪なシンボル。
悪魔娘。男の娘が好物。匂いフェチ気味。体格の割には長くしっかりしたシンボルを携える。冒頭で出会った、今まで何度か店内で見かけたお客の一人、歩が
ちょっと気になってる。匂いがやはり好みだと言っている。